4.7.3 圧縮の適用方法

リンカは指定された圧縮型に応じて圧縮を適用し、繰り返されるフレーズに追加の圧縮を適用することがあります。

連長圧縮により、データは同じ値が繰り返されないバイトおよびゼロが繰り返されるバイト数の組み合わせとしてエンコードされます。同じ値が繰り返されないバイトはそのまま出力され、その後、ゼロが繰り返されるバイト数が続きます。
Limpel-Ziv 1977(LZ77)圧縮では、読み込まれたデータの最後から n バイトが追跡されます。既に読み込まれたデータに存在するフレーズが検出されると、以下のものに相当する値のペアが出力されます。
  • 既に読み込まれたバッファデータ内のフレーズの位置。
  • フレーズの長さ。
関連する概念
4.7 RW データ圧縮を使用した最適化
4.7.2 リンカによって使用される圧縮アルゴリズムをオーバーライドするのに使用できるオプション
4.7.1 リンカによるコンプレッサの選択方法
4.7.4 RW データ圧縮使用時の注意事項
関連する参考文書
12.34 --datacompressor=opt
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.