6.3.5 スキャッタロード時以外の領域名の値

リンク時にスキャッタロードが使用されない場合は、リンカはデフォルトの領域名の値を使用します。

スキャッタロードを使用しない場合、リンカでは以下の領域名の値を使用します。
  • 存在する場合、ER_XO(実行専用の実行領域の場合)。
  • ER_RO(読み出し専用の実行領域の場合)。
  • ER_RW(読み出し-書き込み実行領域の場合)。
  • ER_ZI(ゼロで初期化された実行領域の場合)。
必要なアドレスを取得するために、これらの名前を以下のシンボルに挿入できます。
  • Image$$ 実行領域シンボル。
  • Load$$ 実行領域シンボル。
例えば、Load$$ER_RO$$Base のように記述します。

  • イメージの ZI 出力セクションは静的に作成されるのではなく、実行時に動的に自動生成されます。そのため、ZI 出力セクションにはロードアドレスシンボルはありません。
  • ARM® では、セクション関連シンボルよりも領域関連シンボルを使用することをお勧めします。
関連する概念
6.3.1 領域関連シンボルのタイプ
6.4 セクション関連シンボル
関連する参考文書
6.3.2 Image$$ 実行領域シンボル
6.3.3 Load$$ 実行領域シンボル
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.