6.6.2 ステアリングファイルコマンドの概要

ステアリングファイルで使用できるコマンドの概要。

ステアリングファイルのコマンドでは、以下のことが可能です。
  • シンボルテーブル内のシンボルを管理する。
  • 静的シンボルテーブルからダイナミックシンボルテーブルへのシンボルのコピーを制御する。
  • リンクユニットが依存するライブラリに関する情報を保存する。
例えば、ステアリングファイルを使用して、知的所有権を保護したり、ネームスペースの衝突を回避したりすることができます。
以下のステアリングファイルコマンドがあります。

表 6-6 ステアリングファイルコマンドの概要

コマンド 説明
EXPORT 他の共有オブジェクトまたは実行可能ファイルからシンボルにアクセスできるように指定します。
HIDE シンボルテーブル内の定義済みグローバルシンボルを匿名にします。
IMPORT シンボルが実行時に共有オブジェクトで定義されるように指定します。
RENAME 定義済みあるいは未定義のグローバルシンボルの名前を変更します。
REQUIRE 動的配列内に DT_NEEDED タグを作成します。 DT_NEEDED タグでは、アプリケーションで使用されている共有ライブラリなどの他の共有オブジェクトとの依存関係を指定します。
RESOLVE 特定の未定義の参照と、定義済みのグローバルシンボルとのマッチングを行います。
SHOW グローバルシンボルを表示します。このコマンドは、ワイルドカードを指定した HIDE コマンドを使用して非表示にした特定のシンボルを表示する場合に便利です。

ステアリングファイルコマンドでは、グローバルシンボルのみを制御します。ローカルシンボルはどのコマンドの影響も受けません。
関連する作業
6.6.1 リンカコマンドラインでのステアリングファイルの指定
関連する参考文書
6.6.3 ステアリングファイルの形式
12.45 --edit=file_list
13.1 EXPORT ステアリングファイルコマンド
13.2 HIDE ステアリングファイルコマンド
13.3 IMPORT ステアリングファイルコマンド
13.4 RENAME ステアリングファイルコマンド
13.5 REQUIRE ステアリングファイルコマンド
13.6 RESOLVE ステアリングファイルコマンド
13.7 SHOW ステアリングファイルコマンド
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.