7.8.5 ARM ライブラリヘルパ関数の配置例

スキャッタファイルを使用して ARM ライブラリヘルパ関数を配置する場合は、armlib および cpplib を使用できません。

コンパイラによって、結果として生成されるオブジェクトファイルに ARM ヘルパ関数が生成されます。したがって、同じ 1 つのスキャッタファイル内で armlibcpplib を使用してこれらの関数を配置することはできません。
これらのヘルパ関数を配置するため、スキャッタファイルに *.* (i.__ARM_*) を指定します。スキャッタファイルに * (+RO) がある場合、*.* 部分が重要です。
* (i.__ARM_*) を使用すると、以下のエラーが生成されます。
エラー:L6223E: あいまいなセレクタ…
これは、複数の一致を解決するためのスキャッタロード規則が原因で発生します。
関連する概念
7.14 スキャッタファイルの処理時の複数のマッチングをリンカが解決する方法
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.