9.9 部分オブジェクトをリンクするための GNU ld スクリプトの例

この例は、部分オブジェクトをリンクするための ld スクリプトの使用方法を示しています。

ld --ldpartial の汎用形式では、各出力セクションが 0x0 に割り当てられます。リンカは、SECTIONS コマンドの命令を常に実行できるわけではありません。1 つの出力セクションに結合された入力セクションは、次のリンクで削除できません。次のリンクでセクションを削除する必要があることをリンカが検出した場合、セクションは結合されません。結合できないセクションは、そのまま出力オブジェクトに渡されます。
SECTIONS
{
  .init         0 : { *(.init)   }
  .text         0 : { *(.text)   }
  .fini         0 : { *(.fini)   }
  .rodata       0 : { *(.rodata) }
  .data         0 : { *(.data)   }
  .bss          0 : { *(.bss)    }
}
ld スクリプトファイルを指定するには、--linker_script コマンドラインオプションを使用します。
関連する概念
9.1 GNU ld スクリプトのサポートについて
関連する参考文書
12.81 --ldpartial
12.87 --linker_script=ld_script
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.