10.4.3 glibc との SysV 互換性を確保するために定義されるシンボル定義

System V(SysV)と glibc との互換性を向上させるために、リンカによってさまざまなシンボルが定義されます。

対応するセクションがオブジェクト内に存在する場合は、リンカによって以下のシンボルが定義されます。
  • .init_array セクションの場合:
    • __init_array_start
    • __init_array_end
  • .fini_array セクションの場合:
    • __fini_array_start
    • __fini_array_end
  • ARM.exidx セクションの場合:
    • __exidx_start
    • __exidx_end
  • .preinit_array セクションの場合:
    • __preinit_array_start
    • __preinit_array_end
  • __executable_start
  • etext
  • _etext
  • __etext
  • __data_start
  • edata
  • _edata
  • __bss_start
  • __bss_start__
  • _bss_end__
  • __bss_end__
  • end
  • _end
  • __end
  • __end__
関連する概念
10.4 SysV メモリモデル
関連情報
ELF for the ARM Architecture
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.