10.5.3 ベアメタルモデルと DLL 類似モデルのリンカコマンドラインオプション

プラットフォーム OS のベアメタル実行可能ファイルおよび ダイナミックリンクライブラリ(DLL)類似モデルをビルドするために使用できるリンカコマンドラインオプションがあります。

コマンドラインオプションは以下のとおりです。

表 10-3 BPABI サポートの有効化

コマンドラインオプション 説明
--base_platform ベースプラットフォームアプリケーションバイナリインタフェース(BPABI)と共にスキャッタロードを使用します。
--bpabi BPABI の実行可能ファイルを生成します。
--bpabi --dll BPABI DLL を生成します。

BPABI DLL 類似モデルの追加リンカコマンドラインオプション

BPABI DLL 類似モデルに使用可能な追加リンカコマンドラインオプションがあります。
追加のコマンドラインオプションは、以下のとおりです。
  • --dynamic_debug
  • --export_all, --no_export_all
  • --pltgot=type
  • --pltgot_opts=mode
  • --ro_base=address
  • --ropi
  • --rosplit
  • --runpath=pathlist
  • --rw_base=address
  • --rwpi
  • --soname=name
  • --symver_script=filename
  • --symver_soname
関連する概念
10.5.1 BPABI 標準メモリモデル
10.5.5 BPABI DLL 類似モデルにおけるダイナミックシンボルテーブルの自動規則
10.5.6 BPABI DLL 類似モデルのアドレシングモード
10.5.4 BPABI DLL 類似モデルでの必須のシンボルバージョン管理
関連する参考文書
10.5.3 ベアメタルモデルと DLL 類似モデルのリンカコマンドラインオプション
12.11 --base_platform
12.17 --bpabi
12.41 --dll
章 12 リンカコマンドラインオプション
関連情報
Base Platform ABI for the ARM Architecture
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.