12.57 --feedback=filename

コンパイラに渡すフィードバックファイルを生成します。このファイルにより、未使用の関数がコンパイラに通知されます。

構文

--feedback= filename

使用法

次回のコンパイル時に、コンパイラオプション --feedback=filename で、使用するフィードバックファイルを指定します。未使用の関数は、関数自体のセクション内に配置され、後でリンカによって削除できるようになっています。
関連する概念
4.5 リンカフィードバックについて
関連する参考文書
12.58 --feedback_image=option
12.59 --feedback_type=type
関連情報
--feedback=filename コンパイラオプション
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.