12.63 --force_explicit_attr

アーキテクチャが --cpu で指定されたときに、構成されたビルド属性を使用して CPU マッピングを再試行するようにリンカに指示します。

使用法

--cpu オプションを指定すると、選択された CPU に組み込み FPU がある場合に FPU 属性が調べられます。
以下の場合は、エラーメッセージ L6463U: 入力オブジェクトに <archtype> 命令が含まれていますが、オブジェクト属性に基づく <archtype> アーキテクチャの有効なターゲットが見つかりません。--cpu オプションを使用して特定の CPU を選択することを推奨します。 が生成されます。
  • ELF ファイルには、アーキテクチャ archtype の命令が含まれているが、ビルド属性は archtype がサポートされていないことを示している場合。
  • リンカが既存の CPU にマップできない程度の矛盾がビルド属性にある場合。
--cpu オプションを設定しても失敗する場合は、--force_explicit_attr を使用して、--cpu=archtype から構成されたビルド属性を使って CPU マッピングを再試行するようにリンカに指示して下さい。エラーの原因がビルド属性の矛盾だけの場合は、この方法が有効です。
関連する参考文書
12.32 --cpu=name
12.67 --fpu=name
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.