12.74 --inline、--no_inline

イメージ内の小さい関数呼び出しを最適化する分岐のインライン化を有効または無効にします。

デフォルト

デフォルトは --no_inline です。

分岐の最適化を有効にするとイメージが変更され、デバッグ情報が不適切になる可能性があるため、分岐の最適化はデフォルトでは無効になっています。分岐の最適化を有効にすると、デバッグ情報の修正は行われません。
ユーザーにより供給されるオブジェクトのインライン展開を無効にするのは --no_inline のみです。リンカは、デフォルトで、 ARM® C ライブラリから関数をインライン展開します。
関連する概念
4.8 リンカによる関数のインライン展開
関連する参考文書
12.18 --branchnop、--no_branchnop
12.75 --inline_type=type
12.152 --tailreorder、--no_tailreorder
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.