12.89 --list=filename

診断出力をファイルに転送します。

構文

--list= filename
filename は診断出力の保存に使用するファイルです。 filename にはパスを含めることができます。

使用法

--info--map--symbols--verbose--xref--xreffrom、および --xrefto オプションによる診断出力を file に転送します。
指定されたファイルは、診断結果の出力時に作成されます。同じ名前のファイルが既に存在する場合、そのファイルは上書きされます。ただし、診断結果が出力されない場合はファイルが作成されません。この場合、同じ名前の既存のファイルの内容は変更されません。
filename にパスが指定されていない場合、出力ディレクトリ(出力イメージが書き込まれるディレクトリ)にファイルが作成されます。
関連する参考文書
12.94 --map、--no_map
12.165 --verbose
12.171 --xref、--no_xref
12.172 --xrefdbg、--no_xrefdbg
12.173 --xref{from|to}=object(section)
12.71 --info=topic[,topic,…]
12.146 --symbols、--no_symbols
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.