12.95 --match=crossmangled

符号化されたシンボルと符号化されていないシンボルの参照および定義の組み合わせのマッチングを行うようにリンカに指示します。

使用法

対象:
  • 符号化されていないシンボルへの参照と符号化された定義。
  • 符号化されたシンボルへの参照と符号化されていない定義。
ライブラリとマッチングの組み合わせは以下のように処理されます。
  • ライブラリのメンバによって符号化された定義が定義されていて、符号化されていない未解決の参照が存在する場合、このような参照を解決するためにメンバをロードします。
  • ライブラリのメンバによって符号化されていない定義が定義されていて、符号化された未解決の参照が存在する場合、このような参照を解決するためにメンバをロードします。

このオプションを部分的なリンクに使用しても機能しません。部分的にリンクされたオブジェクトには、符号化された定義が存在する場合でも、符号化されていないシンボルへの未解決の参照がすべて保持されます。マッチングは、リンクの最終手順でのみ行われます。
関連する参考文書
12.93 --mangled、--unmangled
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.