12.100 --muldefweak、--no_muldefweak

シンボルの複数の weak 定義を有効または無効にします。

使用法

有効にすると、最初に出現する定義が選択され、他の重複する定義はすべて破棄されます。無効にすると、重複して定義された weak シンボルすべてについてエラーメッセージが生成されます。

デフォルト

デフォルトは --no_muldefweak です。
--arm_linux を使用する場合のデフォルトは --muldefweak です。
関連する参考文書
12.7 --arm_linux
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.