12.103 --pad=num

パディングバイトの値を設定します。リンカでは、ロード領域または実行領域に挿入されるすべてのパディングバイトにこの値を割り当てます。

構文

--pad= num
num には 16 進数の整数を指定できます。
例えば、 0xFF num を設定することで、ROM のプログラミング時間を短縮できる場合があります。 num の値が 0xFF よりも大きい場合は、パディングバイトが char(つまり (char)num )にキャストされます。

使用法

パディングの挿入には、以下の制限があります。
  • パディングはロード領域内に挿入されます。ロード領域とロード領域の間には、パディングは挿入されません。
  • パディングは固定実行領域と固定実行領域の間に挿入されます(同時に境界調整の設定も行います)。ロード領域の先頭に固定実行領域がある場合を除き、ロード領域の最大長までパディングが挿入されることはありません。
  • 境界調整の制約に確実に準拠するために、セクションとセクションの間にパディングが挿入されます。
関連する概念
3.1.2 入力セクション、出力セクション、領域、およびプログラムセグメント
3.1.3 イメージのロードビューと実行ビュー
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.