12.107 --piveneer、--no_piveneer

位置非依存(PI)コードから絶対コードへの呼び出しのベニアの生成を有効または無効にします。

使用法

--no_piveneer を使用すると、リンカによって PI コードから絶対コードへの呼び出しが検出されるとエラーメッセージが生成されます。

デフォルト

デフォルトは --piveneer です。
関連する概念
3.6.4 位置非依存から絶対ベニアへの生成
3.6 リンカによって生成されるベニア
3.6.2 ベニアの共有
3.6.3 ベニアのタイプ
3.6.5 スキャッタロード時のベニアの再利用
関連する参考文書
12.76 --inlineveneer、--no_inlineveneer
12.164 --veneershare、--no_veneershare
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.