12.136 --startup=symbol、--no_startup

必要に応じて起動シンボルが異なる別の C ライブラリをリンカが使用できるようにします。

構文

--startup =symbol
デフォルトでは、 symbol __main に設定されます。
--no_startupsymbol 引数を使用しません。

使用法

C ライブラリスタートアップコードによって定義されるシンボルへの参照がある場合は、リンカには C ライブラリスタートアップコードが含まれます。このシンボル参照を起動シンボルと呼びます。これは、main() の定義が検出された場合にリンカによって自動的に作成されます。 --startup オプションを使用すると、このシンボル参照を変更できます。
  • リンカで main() の定義が検出され、 symbol への参照(または定義)が検出されない場合、エラーが生成されます。
  • リンカで main() の定義と symbol への参照(または定義)が検出され、エントリポイントが指定されない場合、リンカは警告を生成します。

デフォルト

デフォルトは --startup=__main です。
関連する参考文書
12.50 --entry=location
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.