6.4.1 セクション関連シンボルのタイプ

リンカは、出力および入力セクションの異なるタイプのセクション関連シンボルを生成します。

シンボルのタイプは、次のとおりです。
  • イメージシンボル(単純イメージの作成にスキャッタロードを使用しない場合)。単純イメージには、対応する実行領域を生成する最大 4 つの出力セクション(XO、RO、RW、ZI)があります。
  • 入力セクションのシンボル(イメージ内に存在する入力セクションごと)。
リンカでは、実行領域内のセクションをまず RO、RW、ZI の属性でソートし、次に名前でソートします。したがって、例えば、.text セクションはすべて連続して 1 つのブロック内に配置されます。同じ属性と名前を持つセクションが隣接するブロックを、統合セクションと呼びます。
関連する参考文書
6.4.2 イメージシンボル
6.4.3 入力セクションのシンボル
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0474LJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.