カスタマイズされた C ライブラリ起動コードおよび C ライブラリ関数へのアクセス

C ライブラリを使用せずにアプリケーションを作成する場合、main() 関数が含まれているアプリケーションを作成すると、リンカが、実行環境に必要な初期化コードを自動的にインクルードします。ただし、この方法が不可能であったり、行わない方がよい場合もあります。例えば、リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)が動作するシステムには、RTOS 起動コードにより実行環境が設定される可能性があります。

カスタマイズされた起動コードで構成されているにもかかわらず、多くのライブラリ関数を使用するアプリケーションを作成できます。これには以下のいずれかを実行する必要があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0475EJ
Non-ConfidentialID081711