1.68 実行時のヒープサイズの拡張

プログラムの起動時に指定されたメモリ領域以外のメモリ領域にヒープを拡張できるようにするには、関数 __user_heap_extend() を定義し直します。

__user_heap_extend() は、ヒープのサイズ拡張で使用するメモリブロックを返します。
関連する概念
1.67 __initial_sp、__heap_base、および __heap_limit の定義
1.66 スタックポインタの初期化とヒープの上下限
関連する参考文書
4.27 __rt_heap_extend()
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0475KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.