3.5 floats、long longs、doubles、ints の間の fplib 変換

fplib には、数値形式間の変換を実行するための多数のルーチンが用意されています。

次の表に、これらのルーチンを示します。

表 3-2 数値形式変換ルーチン

関数 引数の型 戻り値の型
__aeabi_f2d float double
__aeabi_d2f double float
_fflt int float
_ffltu unsigned int float
_dflt int double
_dfltu unsigned int double
_ffix float int
_ffix_r float int
_ffixu float unsigned int a
_ffixu_r float unsigned int
_dfix double int a
_dfix_r double int
_dfixu double unsigned int a
_dfixu_r double unsigned int
_ll_sto_f long long float
_ll_uto_f 符号なし long long float
_ll_sto_d long long double
_ll_uto_d 符号なし long long double
_ll_sfrom_f float long long a
_ll_sfrom_f_r float long long
_ll_ufrom_f float unsigned long long a
_ll_ufrom_f_r float 符号なし long long
_ll_sfrom_d double long long a
_ll_sfrom_d_r double long long
_ll_ufrom_d double unsigned long long a
_ll_ufrom_d_r double 符号なし long long
関連する概念
3.2 ソフトウェア浮動小数点ライブラリ fplib
3.3 fplib ルーチンの呼び出し
関連する参考文書
3.4 特定形式の数値に対する fplib 算術演算
3.6 float と double の間の fplib 比較
3.7 fplib C99 関数
関連情報
『Application Binary Interface (ABI) for the ARM Architecture』
a 
現在の丸めモードとは関係なくゼロへの丸めが実行されます。これは C 標準によって、整数をこのように丸める暗黙の変換が定義されているためです。したがって、丸めモードを変更する必要はありません。どの関数にも、その名前の終わりに _r が付いた、対応する関数があります。この関数は同じ処理を実行しますが、現在の丸めモードに基づいて丸めを実行します。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0475KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.