4.5 __default_signal_handler()

rt_misc.h 内で定義される __default_signal_handler() 関数は、生成されたシグナルを処理します。デフォルトの動作では、エラーメッセージを出力して終了します。

この関数は C ライブラリ標準ではありませんが、ARM C ライブラリでは拡張としてサポートされています。

構文

int __default_signal_handler( int signal, int type);

使用法

デフォルトのシグナルハンドラはゼロ以外の値を返して、呼び出し元がプログラムの終了を用意する必要があることを示します。このデフォルトのシグナルハンドラは、以下を定義することによって置き換えられます。
int __default_signal_handler( int signal, int type);
インタフェースは __raise() と同じですが、この関数は C シグナル処理メカニズムによってシグナルが処理されなかった場合にのみ呼び出されます。
定義済みシグナルの一覧については、signal.h を参照して下さい。

ライブラリによって使用されるシグナルは、 ARM® コンパイラの今後のリリースで変更される可能性があります。
関連する参考文書
4.19 __raise()
4.51 _ttywrch()
4.41 _sys_exit()
4.30 __rt_raise()
1.30 C ライブラリ関数の間接セミホスティング依存関数
1.83 C ライブラリの signal() 関数と追加の型引数によりサポートされる ISO 準拠のシグナルの実装
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0475KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.