4.9 _get_lconv()

locale.h で定義される _get_lconv() は、標準 C ライブラリ関数の localeconv() と同じ関数を実行しますが、内部のスタティック変数ではなく、ユーザ定義のメモリに結果を返す点が異なります。

_get_lconv() は、数値形式に適した値を使用して、lconv 構造体のコンポーネントを設定します。

構文

void _get_lconv(struct lconv *lc);

使用法

この ISO C ライブラリ拡張では、スタティックデータは一切使用されません。ISO C 標準に厳密に準拠する必要のあるアプリケーションをビルドする場合には、localeconv() を代わりに使用して下さい。

戻り値

既存の lconv 構造体 lc に形式設定データが設定されます。
関連する概念
1.49 C ライブラリでのロケール関数をカスタマイズするためのアセンブラマクロ
関連する参考文書
4.7 _findlocale()
4.14 lconv 構造体
4.15 localeconv()
4.32 setlocale()
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0475KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.