4.26 __rt_fp_status_addr()

rt_fp.h で定義される __rt_fp_status_addr() 関数は、浮動小数点ステータスワードのアドレスを返します。

デフォルトでは、浮動小数点ステータスワードは __user_libspace 内に存在します。
この関数は C ライブラリ標準にはありませんが、ARM C ライブラリでは拡張としてサポートしています。

構文

unsigned *__rt_fp_status_addr(void);

使用法

__rt_fp_status_addr() が定義されていない場合は、C ライブラリのデフォルトの実装が使用されます。値は、__rt_lib_init()_fp_init() を呼び出したときに初期化されます。ステータスワードの定数は、fenv.h 内に記載されています。デフォルトの浮動小数点ステータスは 0 です。

戻り値

浮動小数点ステータスワードのアドレスです。
関連する概念
1.21 ARM C ライブラリでのスレッドセーフティ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0475KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.