4.58 wcstombs()

wchar.h で定義される wcstombs() 関数には、POSIX によって指定された拡張機能があり、ISO C 標準の規定に従って動作します。

つまり、sNULL ポインタである場合、wcstombs()n の値にかかわらず配列全体を変換するために必要な長さを返しますが、値は保存されません。

構文

size_t wcstombs(char *s, const wchar_t *pwcs, size_t n);
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0475KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.