2.15 file_list

ELF オブジェクトや ELF ライブラリなど、ELF に準拠するファイルをスペースで区切って指定します。

使用法

各ファイルは、そのパスと名前によって正確に指定される必要があります。パスには、絶対パス、ドライブおよびルートへの相対パス、現在のディレクトリへの相対パスのいずれかを設定できます。

ファイルリストは、ライブラリファイルの後に指定する必要があります。
ライブラリ内のファイルの名前と比較する場合には、パスの終わりにあるファイル名のみが使用されます。複数のパスオペランドが同じファイル名で終わる場合の結果は定義されません。ファイルの指定には、ワイルドカード文字 * および ? を使用できます。
いずれかのファイルがライブラリである場合、armar はその入力ライブラリのすべてのメンバをデスティネーションのライブラリにコピーします。コマンドライン上でのメンバの順序はそのまま保持されます。したがって、ライブラリファイルを指定することは、ライブラリに格納されている順序でそのライブラリのすべてのメンバを指定することと論理的には同じです。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0476KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.