--select=select_options

このオプションは、指定されたパターンリストに一致するフィールドのみを選択します。

このオプションは、--fieldoffsets または --text -a と組み合わせて使用します。

Show/hide構文

--select=select_options

select_options は一致させるパターンのリストです。複数のフィールドを選択する場合は、以下のように特殊文字を使用します。

  • 複数のフィールドを指定するには、コンマ区切りのリストを使用します。例えば、以下のように入力します。

    a*,b*,c*

  • 任意の名前と一致させるには、ワイルドカード文字 * を使用します。

  • 任意の 1 文字と一致させるには、ワイルドカード文字 ? を使用します。

  • インクルードするフィールドを指定するには、select_options 文字列の前に + を付けます。これはデフォルトの動作です。

  • 除外するフィールドを指定するには、select_options 文字列の前に ~ を付けます。

UNIX プラットフォームで特殊文字を使用する場合は、シェルによって文字列展開がされないように、これらのオプションを引用符で囲む必要があます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0477EJ
Non-ConfidentialID081711