input_file

このオプションは、処理する ELF ファイルまたは ELF ファイルを含むアーカイブを指定します。以下の場合は、複数の入力ファイルを指定できます。

Show/hide使用法

input_file が複数のロード領域を含む分散ロードイメージであり、その出力形式に --bin--cad--m32--i32--vhx のいずれかが指定されている場合には、fromelf によって各ロード領域用に個別のファイルが生成されます。

input_file が複数のロード領域を含む分散ロードイメージであり、その出力形式に --cadcombined--m32combined--i32combined のいずれかが指定されている場合には、fromelf によりすべてのロード領域を含む 1 つのファイルが作成されます。

input_file がアーカイブの場合は、アーカイブ内のすべてのファイルまたはファイルのサブセットを処理できます。アーカイブ内のファイルのサブセットを処理するには、以下に示すようにアーカイブ名に続けてフィルタを指定します。

archive.a(filter_pattern)

ここで、filter_pattern は、メンバファイルを指定します。ファイルのサブセットを指定するには、以下のワイルドカード文字を使用します。

*

0 個以上の文字に一致します。

?

任意の 1 文字と一致します。

Note

Unix システムの一般的なシェルでは、かっこを使用し、バックスラッシュでこれらの文字をエスケープする必要があります。あるいは、以下に示すように、アーカイブ名とフィルタを単一引用符で囲みます。

'archive.a(??str*)'

アーカイブ内の処理されていないファイルは、処理されたファイルと共に出力アーカイブに格納されます。

Show/hide

アーカイブ内の s で始まるすべてのファイルからデバッグ情報を削除した後、新しいアーカイブ my_archive.a を作成して、処理されたファイルと処理されていないファイルを格納するには、以下のように入力します。

fromelf --elf --strip=debug archive.a(s*.o) --output=my_archive.a

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0477EJ
Non-ConfidentialID081711