--m32

このオプションは、Motorola 32 ビット形式(32 ビット S レコード形式)の出力を作成します。これによりイメージ内のロード領域ごとに 1 つの出力ァイルを生成できます。この出力のベースアドレスは、--base オプションを使用して指定できます。

Show/hide制限

オブジェクトファイルに対してはこのオプションを使用できません。

このオプションは --output と組み合わせて使用する必要があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0477EJ
Non-ConfidentialID081711