ELF 形式ファイルの詳細の出力

--emit オプションを使用すると、テキスト出力に含める ELF オブジェクトの要素を指定できます。出力には、ELF ヘッダおよびセクション情報が含まれます。各要素はコンマで区切って指定できます。

Note

--emit のいくつかのオプションは、--text オプションを使用して指定できます。

Show/hideデータセクションの出力例

ELF ファイル infile.axf のデータセクションの内容を出力するには、以下のように入力します。

fromelf --emit=data infile.axf

Show/hide再配置情報の出力例

ELF ファイル infile2.axf の再配置情報およびダイナミックセクションの内容を出力するには、以下のように入力します。

fromelf --emit=relocation_tables,dynamic_segment infile2.axf

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0477EJ
Non-ConfidentialID081711