--disassemble

このオプションは、逆アセンブルされたイメージを標準出力(stdout)に表示します。 このオプションを --output destination と組み合わせて使用した場合、armasm により出力ファイルを再アセンブルできます。

このオプションを使用すると、ELF イメージファイルまたは ELF オブジェクトファイルを逆アセンブルできます。

Note

この出力は、--emit=code および --text -c の出力とは異なります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0477GJ
Non-ConfidentialID051612