--emit=option[,option,...]

このオプションにより、テキスト出力に表示する ELF オブジェクトの要素を指定できます。 出力には、ELF ヘッダおよびセクション情報が含まれます。

Show/hide制約条件

このオプションは、テキストモードでのみ使用できます。

Show/hide構文

--emit=option[,option,...]

option には以下のいずれかを指定できます。

addresses

このオプションは、グローバルデータアドレスとスタティックデータアドレス(構造体とユニオンの内容のアドレスも含む)を出力します。 これは、--text -a と同じ効果があります。

このオプションは、デバッグ情報を含むファイルに対してのみ使用できます。 デバッグ情報が含まれない場合、警告メッセージが生成されます。

データアドレスのサブセットを出力する場合は、--select オプションを使用します。

構造体内外で展開された配列のデータアドレスを参照するには、このテキストカテゴリと共に --expandarrays オプションを使用します。

build_attributes

このオプションは、標準のビルド属性の場合は人間が読める形式でビルド属性セクションの内容を出力し、非標準のビルド属性の場合は生の 16 進形式で出力します。 生成される出力は、--decode_build_attributes オプションの出力と同じです。

code

このオプションは、逆アセンブル対象の元のバイナリデータのダンプおよび命令のアドレスと共に、コードを逆アセンブルします。 これは、--text -c と同じ効果があります。

Note

--disassemble とは異なり、逆アセンブリをアセンブラに入力することはできません。

data

このオプションはデータセクションの内容を出力します。 これは、--text -d と同じ効果があります。

data_symbols

このオプションは、シンボル定義をインターリーブするようにデータセクションの出力情報を変更します。

debug_info

このオプションはデバッグ情報を出力します。 これは、--text -g と同じ効果があります。

dynamic_segment

このオプションは、ダイナミックセグメントの内容を出力します。 これは、--text -y と同じ効果があります。

exception_tables

このオプションは、オブジェクトの例外テーブル情報をデコードします。 これは、--text -e と同じ効果があります。

frame_directives

このオプションは、オブジェクトモジュールに組み込まれたデバッグ情報に指定されているように、逆アセンブルされたコードに FRAME ディレクティブの内容を出力します。

このオプションは --disassemble と組み合わせて使用します。

got

このオプションは、グローバルオフセットテーブル(GOT)オブジェクトの内容を出力します。

heading_comments

このオプションは、.comment セクションのツール情報およびコマンドライン情報を含む、逆アセンブリの冒頭にある見出しコメントを出力します。

このオプションは --disassemble と組み合わせて使用します。

raw_build_attributes

このオプションは、生の 16 進形式で、つまりデータと同じ形式でビルド属性セクションの内容を出力します。

relocation_tables

このオプションは再配置情報を出力します。 これは、--text -r と同じ効果があります。

string_tables

このオプションはストリングテーブルを出力します。 これは、--text -t と同じ効果があります。

summary

このオプションは、ファイルのセグメントおよびセクションの概要を出力します。 これは fromelf --text のデフォルト出力です。 ただし、概要は --info オプションにより出力されません。 必要に応じて --emit summary を使用して明示的に概要を再度有効にします。

symbol_annotations

このオプションは、それぞれのプロパティ情報を含むコメントの注釈を付けて、逆アセンブルされるコードおよびデータのシンボルを出力します

このオプションは --disassemble と組み合わせて使用します。

symbol_tables

このオプションは、シンボルテーブルとバージョン管理テーブルを出力します。 これは、--text -s と同じ効果があります。

vfe

このオプションは、使用されていない仮想関数の情報を出力します。

whole_segments

このオプションは、リンクビューがある場合でも、逆アセンブルされた実行可能ファイルまたは共有ライブラリをセグメントごとに出力します。

このオプションは --disassemble と組み合わせて使用します。

1 つの --emit オプションにコンマ区切りの引数リストを続けることで、複数のオプションを指定できます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0477GJ
Non-ConfidentialID051612