3.15 --device=name

特定のマイクロコントローラまたは SoC(System-on-Chip)デバイスを選択します。

構文

--device= name
name は特定のデバイス名です。

使用法

このオプションは、fromelf が入力ファイルで見つけた命令を解釈する方法に影響します。形式は、コンパイラでサポートされている形式と同じです。
各デバイスには、CPU および浮動小数点ユニット(FPU)のデフォルト値があります。しかし、--device オプションの後に --fpu オプションを指定することにより、コマンドラインから FPU をオーバーライドできます。
CPU および FPU の実装の詳細については、デバイスのマニュアルを参照して下さい。
使用可能なデバイスの完全なリストを表示するには、--device=list オプションを使用します。

このオプションの使用は廃止される予定です。
関連する参考文書
3.10 --cpu=list
3.11 --cpu=name
3.28 --fpu=list
3.29 --fpu=name
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0477KJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.