DS-5 デバッガについて

DS-5 デバッガは、ARM プロセッサベースのターゲットおよびリアルタイムシステムモデル(RTSM)の全ソフトウェア開発工程をサポートしているグラフィカルデバッガです。同期化されたソースと逆アセンブリ、コールスタック、メモリ、レジスタ、式、変数、スレッド、ブレークポイント、およびトレースを含む、包括的で直感的なビューで、Linux とベアメタルアプリケーションデバッグを容易にします。

デバッグ制御ビューを使用すると、ソースレベルまたは命令レベルでのシングルステップ実行が可能になり、またコードの実行中に他のビューの新を確認できます。ブレークポイントやウォッチポイントの設定により、アプリケーションを停止したり、アプリケーションの動作を調査したすることができます。また一部のターゲットでトレースビューを使用すると、タイムラインにイベントのシーケンスを表示しながら、アプリケーションでの関数の実行をトレースできます。

デバッグには、DS-5 Command Prompt コマンドラインコンソールを使用することもできます。

Show/hide関連項目

タスク
概念
Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0478FJ
Non-ConfidentialID111611