SSH 接続を使用した ARM Linux ターゲットでの Gnometris の設定および実行

一部のターゲットでは、DS-5 に付属のリモートシステムエクスプローラ(RSE)を使用してセキュアシェル(SSH)接続を行うことができます。

ARM Linux ターゲットへの Linux SSH 接続を設定し、Gnometris アプリケーションを実行するには

  1. [Remote Systems]ビューを DS-5 デバッグパースペクティブに追加します。

    1. DS-5 パースペクティブで作業していることを確認します。パースペクティブを変更するには、パースペクティブツールバーを使用するか、メインニューで[ウィンドウ] → [パースペクティブを開く] → [DS-5 Debug]を選択します。

    2. [★ウィンドウ] → [★ビューを表示] → [★その他...]を選択して[★ビューを表示]ダイアログボックスを開きます。

    3. [Remote Systems]グループの[Remote Systems]ビューを選択します。

    4. [OK]をクリックします。

  2. [Remote Systems]ビューで、SSH を使用したリモートターゲットへの Linux 接続を設定します。

    1. [Remote Systems]ビューツールバーで、[Define a connection to remote system]をクリックします。

    2. [Select Remote System Type]ダイアログボックスで[General]グループを展開し、[Linux]を選択します。

      Figure 1. 接続タイプの選択

      接続タイプの選択

    3. [Next]をクリックします。

    4. [Remote Linux System Connection]の[Host name]フィールドに、リモートのターゲット IP アドレスまたは名前を入力します。

      Figure 2. 接続情報の定義

      接続情報の定義

    5. [Next]をクリックします。

    6. SSH プロトコルのファイルアクセスを選択します。

      Figure 3. ファイルシステムの定義

      ファイルシステムの定義

    7. [Next]をクリックします。

    8. Linux システムのシェルプロセスを選択します。

      Figure 4. プロセスの定義

      プロセスの定義

    9. [Next]をクリックします。

    10. SSH シェルを選択します。

      Figure 5. シェルサービスの定義

      シェルサービスの定義

    11. [Next]をクリックします。

    12. SSH ターミナルを選択します。

      Figure 6. ターミナルサービスの定義

      ターミナルサービスの定義

    13. [Finish]をクリックします。

  3. [Remote Systems]ビューで、以下のように操作します。

    1. Linux ターゲットを右クリックし、コンテキストメニューで[Connect]を選択します。

    2. [Enter Password]ダイアログボックスで、必要に応じてユーザー ID とパスワードを入力します。

    3. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    4. ストリップバージョンの Gnometris アプリケーション gnometrislibgames-support.so ライブラリをローカルファイルシステムからターゲットファイルシステムにコピーします。

    5. ターゲット上のファイルに実行パーミッションがあることを確認します。これには、各ファイルを右クリックしてコンテキストメニューの[Properties]を選択し、必要に応じてチェックボックスを変更します。

      Figure 7. [Remote Systems]ビューでのファイルのプロパティの変更

      [Remote Systems]ビューでのファイルのプロパティの変更

  4. ターゲットに接続されているターミナルシェルを開き、このアプリケーションを使用して gdbserver に接続します。

    1. リモートシステムビューで、[SSH ターミナル]を右クリックします。

    2. [Launch Terminal]を選択してターミナルシェルを開きます。

    3. ターミナルシェルで、gnometris アプリケーションをコピーしたディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。

      export DISPLAY=ip:0.0
      gdbserver :port gnometris
      

      以下の意味があります。

      ip

      Gnometris ゲームに表示するホストの IP アドレス

      port

      gdbserver とアプリケーション間の接続ポート(例:5000

      Note

      ターゲットでディスプレイが使用できる場合、export DISPLAY の指定は必要ありません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0478FJ
Non-ConfidentialID111611