2.8 Gnometris のデバッグ

DS-5 に付属のイメージバイナリおよびライブラリを含むサンプルプロジェクトを使用した Gnometris アプリケーションのデバッグ。

手順

  1. ターゲットに接続されていること、Gnometris が動作していること、およびデバッガが main() 関数で待機していることを確認します。
  2. [Project Explorer]ビューで、Gnometris ディレクトリを開いてすべてのソースファイルのリストを表示します。
  3. ファイル blockops-noclutter.cpp をダブルクリックして開きます。
  4. blockops-noclutter.c ファイルで、BlockOps::rotateBlock() という行を探し、C/C++ エディタの左側にある垂直バーをダブルクリックしてブレークポイントを追加します。エディタの垂直バーの中にマーカが設定されます。ブレークポイントビューが更新されて新しい情報が表示されます。
  5. デバッグ制御ビューで[Continue]をクリックしてプログラムを引き続き実行します。
  6. ターゲットで、新しい Gnometris ゲームを開始します。ブロックに到達したら、上向きカーソルキーを押してブレークポイントに到達させます。
  7. レジスタビューを選択して、レジスタの値を表示します。
  8. 逆アセンブリビューを選択して、逆アセンブリ命令を表示します。このビューの左側にある垂直バーをクリックして、個別の命令にブレークポイントを設定することもできます。
  9. デバッグ制御ビューで、[Step Over Source Line]をクリックしてソースファイルの次の行に移動します。ソースコードのステップが進むと同時に、すべてのビューが更新されます。
  10. 履歴ビューを選択して、現在のデバッグセッションで生成されたすべてのデバッグコマンドのリストを表示します。コマンド(複数可)を選択し、[Exports the selected lines as a script]をクリックして、後で使用できるようにスクリプトファイルを作成します。
関連する作業
2.2 Eclipse へのサンプルプロジェクトのインポート
2.3 Eclipse からの Gnometris プロジェクトの作成
2.4 コマンドラインからの Gnometris プロジェクトの作成
2.5 Gnometris アプリケーションの 固定仮想プラットフォームFVP へのロード
2.6 Gnometris アプリケーションの ARM® Linux ターゲットへのロード
2.7  ARM® Linux ターゲットを操作するための RSE 接続の設定
2.7.2  ARM® Linux ターゲット上で既に実行されている Gnometris アプリケーションへの接続
関連する参考文書
3.6  DS-5™ 付属のサンプル
関連情報
C/C++ エディタ
[Debug Control]ビュー
[Registers]ビュー
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0478RJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.