2.10 ARM® Linux 上で動作するスレッドアプリケーションのパフォーマンス解析

ARM Streamline は、グラフィカルなパフォーマンス解析ツールです。システムレベル、プロセスレベル、およびスレッドレベルで問題のある領域に加え、アプリケーションのホットスポットを強調表示したタイムラインと解析レポートを出力します。

前提条件

解析データをキャプチャするには、その前に以下の条件を満たしている必要があります。
  1. ターゲットの IP アドレスがあらかじめ取得されていること。これには、Linux コンソールで ifconfig アプリケーションを使用します。IP アドレスは、inet addr で表示されます。
  2. ARM Linux カーネルが Streamline 用に設定されていること。
  3. スレッドアプリケーションがターゲットにコピーされていること。
  4. gator デーモンがターゲット上で動作していること。

手順

  1. Eclipse を起動します。
  2. ターミナルシェルを起動し、ターゲットに接続します。 リモートシステムエクスプローラ (RSE) に付属のターミナルシェルを使用できます。
  3. ターミナルシェルで、threads アプリケーションをコピーしたディレクトリに移動します。
  4. C/C++ パースペクティブで作業していることを確認します。
  5. ターゲット接続を作成します。
    1. Streamline キャプチャデータビューで、[Change capture options...]ツールバーアイコンを選択します。
    2. [Name]フィールドに、新しいコンフィギュレーションの適切な名前を入力します。
    3. [Connection]パネルに、ホストワークステーションとターゲット間の接続に使用する、IP アドレスまたは名前とそれに対応するポート番号を入力します。
    4. [Capture]パネルで、デフォルトの設定をそのまま使用するか、必要に応じてカスタマイズします。
    5. [Program Images]パネルで[Add Program...]または[Add program from Workspace...]をクリックして、アプリケーションイメージを選択するためのダイアログボックスを表示します。
    6. スレッドアプリケーションに移動し、[Open]または[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    7. [Apply]をクリックして設定を保存します。
    8. データのキャプチャを開始するには、 Streamline キャプチャデータビューで[Start capture]ツールバーアイコンをクリックします。
  6. ターミナルシェルで、以下のコマンドを実行してスレッドアプリケーションを実行します。
    ./threads
  7. スレッドアプリケーションの実行が終了した後、Eclipse の C/C++ パースペクティブに戻ります。
  8. Streamline キャプチャデータビューで、レポートをクリックしてグラフィカルデータを解析します。
    図 2-13 Streamline キャプチャデータファイル
    Streamline キャプチャデータファイル

データのキャプチャを停止すると、 Streamline 解析データファイルが自動的に生成されます。また既存の解析ファイルをダブルクリックしてエディタに表示することもできます。
図 2-14 Streamline 解析データファイル
Streamline 解析データファイル

関連する参考文書
3.6  DS-5™ 付属のサンプル
関連情報
ARM Streamline の使用
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0478RJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.