2.6 Gnometris アプリケーションの ARM® Linux ターゲットへのロード

Gnometris アプリケーションを ARM Linux ターゲットにロードする方法について説明します。

Gnometris アプリケーションは、 ARM Linux で動作するターゲットにロードすることができます。
DS-5™ には事前設定済みのターゲット接続設定が用意され、それによってサポート対象の ARM アーキテクチャベースのプラットフォーム上で動作する gdbserver にデバッガが接続されます。

手順

  1. ターゲットの IP アドレスを取得します。これには、Linux コンソールで ifconfig アプリケーションを使用します。IP アドレスは、inet addr で表示されます。
  2. ターゲット上で、適切な Linux ディストリビューションを起動します。
  3. Eclipse を起動します。
  4. アプリケーションと関連のファイルを ARM Linux ターゲットに転送し、アプリケーションを実行した後、デバッガに接続します。それを実行するには、方法がいくつかあります。
    • DS-5 に付属のリモートシステムエクスプローラ(RSE)を使用してセキュアシェル(SSH)接続を行うことで、ターゲットを設定し、アプリケーションを実行できます。アプリケーションが実行されると、デバッガを実行中のターゲットに接続できます。
    • PuTTY などの外部のファイル転送ユーティリティを使用します。
関連する作業
2.2 Eclipse へのサンプルプロジェクトのインポート
2.3 Eclipse からの Gnometris プロジェクトの作成
2.4 コマンドラインからの Gnometris プロジェクトの作成
2.5 Gnometris アプリケーションの 固定仮想プラットフォームFVP へのロード
2.7  ARM® Linux ターゲットを操作するための RSE 接続の設定
2.7.2  ARM® Linux ターゲット上で既に実行されている Gnometris アプリケーションへの接続
2.8 Gnometris のデバッグ
関連する参考文書
3.6  DS-5™ 付属のサンプル
関連情報
[Debug Configurations] - [接続]タブ
[Debug Configurations] - [Files]タブ
[Debug Configurations] - [Debugger]タブ
[Debug Configurations] - [Environment]タブ
シリアル接続および SSH 接続用のターゲット管理端末
[Remote Systems]ビュー
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0478SJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.