2.6 Gnometris アプリケーションの 固定仮想プラットフォームFVP へのロード

Gnometris アプリケーションは、 ARM Linux で動作する FVP にロードすることができます。

FVP を使用すると、ハードウェアターゲットを使用しないで、ホストワークステーション上でアプリケーションを実行およびデバッグできます。
事前設定済みの FVP 接続を使用して、自動的に Linux をブートし、gdbserver を起動した後、アプリケーションを起動することができます。

手順

  1. Eclipse を起動します。
  2. [プロジェクトエクスプローラ]ウィンドウをクリックします。
  3. gnometris プロジェクトフォルダを展開します。
  4. 起動ファイル gnometris-FVP-example.launch を右クリックします。
  5. コンテキストメニューで、[Debug As]を選択します。
  6. サブメニューで gnometris-FVP-example エントリを選択します。
  7. デバッグには、 DS-5 デバッグパースペクティブが必要です。[Confirm Perspective Switch]ダイアログボックスが表示された場合は、[Yes]をクリックしてパースペクティブを切り替えます。
関連する作業
2.3 Eclipse へのサンプルプロジェクトのインポート
2.4 Eclipse からの Gnometris プロジェクトの作成
2.5 コマンドラインからの Gnometris プロジェクトの作成
2.7 Gnometris アプリケーションの ARM® Linux ターゲットへのロード
2.8  ARM® Linux ターゲットを操作するための RSE 接続の設定
2.8.2  ARM® Linux ターゲット上で既に実行されている Gnometris アプリケーションへの接続
2.9 Gnometris のデバッグ
関連する参考文書
3.6  DS-5 付属のサンプル
関連情報
FVP への接続の設定
[Debug Configurations] - [接続]タブ
[Debug Configurations] - [Files]タブ
[Debug Configurations] - [Debugger]タブ
[Debug Configurations] - [Environment]タブ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0478TJ
Copyright © 2010-2014 ARM.All rights reserved.