2.8 ARM® Linux ターゲットを操作するための RSE 接続の設定

RSE 接続を使用した ARM Linux ターゲットの操作方法について説明します。

一部のターゲットでは、DS-5 に付属のリモートシステムエクスプローラ(RSE)を使用してセキュアシェル(SSH)接続を行うことができます。

手順

  1. [Remote Systems]ビューの[Remote Systems]ビューツールバーで[Define a connection to remote system(リモートシステムへの接続の定義)]をクリックします。
  2. [Select Remote System Type]ダイアログボックスで[General]グループを展開し、[Linux]を選択します。
    図 2-2 接続タイプの選択
    接続タイプの選択

  3. [Next]をクリックします。
  4. [Remote Linux System Connection]の[Host name]フィールドに、リモートのターゲット IP アドレスまたは名前を入力します。
    図 2-3 接続情報の定義
    接続情報の定義

  5. [Next]をクリックします。
  6. SSH プロトコルのファイルアクセスを選択します。
    図 2-4 ファイルシステムの定義
    ファイルシステムの定義

  7. [Next]をクリックします。
  8. Linux システムのシェルプロセスを選択します。
    図 2-5 プロセスの定義
    プロセスの定義

  9. [Next]をクリックします。
  10. SSH シェルを選択します。
    図 2-6 シェルサービスの定義
    シェルサービスの定義

  11. [Next]をクリックします。
  12. SSH ターミナルを選択します。
    図 2-7 ターミナルサービスの定義
    ターミナルサービスの定義

  13. [Finish]をクリックします。
  14. [Remote Systems]ビューで、以下のように操作します。
    1. Linux ターゲットを右クリックし、コンテキストメニューで[Connect]を選択します。
    2. [Enter Password]ダイアログボックスで、必要に応じてユーザ IDパスワードを入力します。
    3. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    4. ローカルファイルシステムからターゲットファイルシステムに必要なファイルをコピーします。これは[Remote Systems]ビューで該当するファイルをドラッグアンドドロップして行うことができます。
      この例では、Gnometris アプリケーションの gnometrislibgames-support.so ライブラリのストリップバージョンをコピーする必要がある Gnometris を使用します。
    5. ターゲット上のファイルに実行パーミッションがあることを確認します。これには、各ファイルを右クリックしてコンテキストメニューの[Properties]を選択し、必要に応じてチェックボックスをオンにします。
      図 2-8 [Remote Systems]ビューでのファイルのプロパティの変更
      [Remote Systems]ビューでのファイルのプロパティの変更

  15. ターゲットに接続されているターミナルシェルを開き、このアプリケーションを使用して gdbserver に接続します。
    1. [Remote Systems]ビューで、[SSH Terminal]を右クリックします。
    2. [Launch Terminal]を選択してターミナルシェルを開きます。
    3. ターミナルシェルで、アプリケーションをコピーしたディレクトリに移動し、必要なコマンドを実行します。
      例えば、Gnometris を起動するには、次のコマンドを実行します。
      export DISPLAY=ip:0.0
      gdbserver :port gnometris
      各項目には以下の意味があります。
      ip
      Gnometris ゲームを表示するホストの IP アドレス
      port
      gdbserver とアプリケーション間の接続ポート(例:5000

      ターゲットに接続されたディスプレイがある場合、export DISPLAY コマンドを使用する必要はありません。
以下のサブセクションから構成されています。
関連する作業
2.3 Eclipse へのサンプルプロジェクトのインポート
2.4 Eclipse からの gnometris プロジェクトの作成
2.5 コマンドラインからの gnometris プロジェクトの作成
2.6 Gnometris アプリケーションの 固定仮想プラットフォームFVP へのロード
2.7 Gnometris アプリケーションの ARM® Linux ターゲットへのロード
2.8.2  ARM® Linux ターゲット上で既に実行されている Gnometris アプリケーションへの接続
2.9 Gnometris のデバッグ
関連する参考文書
3.6  DS-5 付属のサンプル
関連情報
[Debug Configurations] - [接続]タブ
[Debug Configurations] - [Files]タブ
[Debug Configurations] - [Debugger]タブ
[Debug Configurations] - [Environment]タブ
シリアル接続および SSH 接続用のターゲット管理端末
[Remote Systems]ビュー
非機密扱い - ベータPDF file icon PDF 版ARM DUI0478UJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.