2.5 コマンドラインからの gnometris プロジェクトの作成

gnometris は、ターゲット上で実行およびデバッグできる ARM Linux アプリケーションです。用意されているプロジェクトには、ビルド済みイメージバイナリが含まれています。コマンドラインからプロジェクトを再ビルドするには、以下の手順に従います。

手順

  1. https://silver.arm.com/browse/DS500(登録が必要)から DS-5 Linux サンプル配布をダウンロードして、作業ディレクトリに抽出します。
  2. <DS-5_install_directory>/examples/ にある Linux_examples.zip アーカイブファイルの内容を作業ディレクトリに抽出します。この zip ファイルには、gnometris サンプルのプロジェクトソースが含まれています。
  3. DS-5 Command Prompt コマンドラインコンソールまたは Unix bash シェルを開きます。
  4. ../<working-directory>/gnometris に移動します。
  5. プロンプトで、「make」と入力します。
    gnometris サンプルには、このプロジェクトをビルドするためのメイクファイルが含まれています。Makefile は、通常のメイクルールである cleanall、および rebuild を提供します。
gnometris プロジェクトをビルドすると、以下のアプリケーションが生成されます。
  • デバッグ情報のないストリップバージョンのアプリケーション。これはターゲットにダウンロードするためのバージョンです。
  • 大きいサイズのバージョンのアプリケーションには、ソースレベルでのデバッグ時にデバッガによって使用されるすべてのデバッグ情報が含まれます。
関連する作業
2.3 Eclipse へのサンプルプロジェクトのインポート
2.4 Eclipse からの gnometris プロジェクトの作成
2.6 Gnometris アプリケーションの 固定仮想プラットフォームFVP へのロード
2.7 Gnometris アプリケーションの ARM® Linux ターゲットへのロード
2.8  ARM® Linux ターゲットを操作するための RSE 接続の設定
2.8.2  ARM® Linux ターゲット上で既に実行されている Gnometris アプリケーションへの接続
2.9 Gnometris のデバッグ
関連する参考文書
3.6  DS-5 付属のサンプル
非機密扱い - ベータPDF file icon PDF 版ARM DUI0478UJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.