2.2 Eclipse へのサンプルプロジェクトのインポート

DS-5 でサンプルプロジェクトを使用するには、まずそれらのプロジェクトをインポートする必要があります。

手順

  1. Eclipse を起動します。
    • Windows の場合、[スタート] > [すべてのプログラム] > ARM® DS-5 > [Eclipse for DS-5を選択します。
    • Linux 環境では、Unix bash シェルで「eclipse」と入力します。
  2. ARM では、サンプルプロジェクト用の新しいワークスペースを作成して、実際に使用しているプロジェクトから分離することをお勧めします。これには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • Eclipse の起動時に新しいワークスペースディレクトリを作成します。
    • Eclipse が既に開いている場合、メインメニューから[File] > [Switch Workspace] > [Other]を選択します。
  3. [チートシート...]メニューから[チートシート...]を選択します。
  4. ARM [Eclipse for DS-5グループを展開します。
  5. ARM 虎の巻のリストから[ 現在のワークスペースへの DS-5 サンプルプロジェクトの自動インポート ]を選択します。
  6. [OK]をクリックします。
  7. チートシートの手順に従って、DS-5 サンプルプロジェクトをワークスペースにインポートします。
サンプルがインポートされたら、必要に応じて残りのチートシートの手順に従い、作業セットをオンにします。
関連する作業
2.3 Eclipse からの gnometris プロジェクトの作成
2.4 コマンドラインからの gnometris プロジェクトの作成
2.5 Gnometris アプリケーションの 固定仮想プラットフォームFVP へのロード
2.6 Gnometris アプリケーションの ARM® Linux ターゲットへのロード
2.7  ARM® Linux ターゲットを操作するための RSE 接続の設定
2.7.2  ARM® Linux ターゲット上で既に実行されている Gnometris アプリケーションへの接続
2.8 Gnometris のデバッグ
関連する参考文書
3.6  DS-5 付属のサンプル
関連情報
作業セットについて
作業セットの作成
作業セットの表示でトップレベル要素を変更する
作業セットの選択解除
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0478WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.