3.6 DS-5 付属のサンプル

DS-5 には、使用を開始する上で役立つサンプルが用意されています。

  • ARMv7 およびそれ以前のバージョンのベアメタルソフトウェア開発のサンプル。 ARM® コンパイラ 5 および ARMv7 ベアメタルデバッグを使用したコンパイルを示します。コードは、アーカイブファイル <examples_directory>\Bare-metal_examples_ARMv7.zip にあります。
  • ARMv8 ベアメタルソフトウェア開発のサンプル。 ARM コンパイラ 6 および ARMv8 ベアメタルデバッグを使用したコンパイルを示します。コードは、アーカイブファイル <examples_directory>\Bare-metal_examples_ARMv8.zip にあります。

    ARMv8 機能を使用できるのは、DS-5 Ultimate Edition のみです。
  • サポートされているボードのベアメタルのサンプルプロジェクト。オンチップ RAM へのボード接続および基本的なデバッグを示します。ファイルは、アーカイブファイル examples_directory\Bare-metal_boards_examples.zip にあります。
  • ARM Linux のサンプル。単純な C/C++ コンソールアプリケーション、共有ライブラリ、およびマルチスレッドアプリケーションのビルド、デバッグ、およびパフォーマンス解析を示します。これらのサンプルは、ARM Linux をブートするように事前設定された 固定仮想プラットフォームFVP 上で動作します。ファイルは、アーカイブファイル examples_directory\Linux_examples.zip にあります。
  • RTX リアルタイムオペレーティングシステムRTX-RTOS のソースファイルおよびサンプルは、RTX-RTOS アプリケーションの使用方法を示します。ファイルは、アーカイブファイル examples_directory\CMSIS_RTOS_RTX.zip にあります。
  • サンプルを実行するためのソースファイル、ライブラリ、およびビルド済みイメージが入ったオプションのパッケージ。
    これらは以下からダウンロードできます。 https://silver.arm.com/browse/DS500 (登録が必要)
    • ARM Linux サンプルの再ビルドに使用されるヘッダファイルとライブラリを提供する Linux ディストリビューションプロジェクト。
    • DS-5 向けに設定された、BeagleBoard 用の従来の Linux SD カードイメージ。
    • DS-5 向けに設定された、BeagleBoard-xM 用の従来の Linux SD カードイメージ。
これらのサンプルを作業ディレクトリに抽出し、コマンドラインからビルドするか、インポートウィザードを使用して Eclipse にインポートします。DS-5 で提供されるすべてのサンプルに事前設定の Eclipse 起動スクリプトが用意されているので、ターゲット上でサンプルコードのロードとデバッグを容易に実行できます。
各サンプルには、サンプルコードのビルド、実行、およびデバッグの手順に関する説明が用意されています。説明には、メインインデックスである examples_directory\docs\index.html. からアクセスできます。
関連する概念
1.4  固定仮想プラットフォームFVP
関連する作業
2.2 Eclipse へのサンプルプロジェクトのインポート
関連する参考文書
3.1 システム要件
3.3 インストールディレクトリ
3.4 ライセンスおよび製品アップデート
3.5  DS-5 の付属マニュアル
関連情報
Welcome 画面の使用
ARM Development Studio 5 (DS-5)
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0478WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.