ELF コンテンツエディタの概要

ELF コンテンツエディタは ELF ファイルのフォームを作成します。このエディタを使用して、イメージファイルとオブジェクトファイルのコンテンを表示できます。このエディタは読み出し専用であり、ファイルのコンテンツを変更することはできません。

デフォルトエディタが別のものになっている場合、[Project Explorer]ビューでソースファイルを右クリックして、コンテキストメニューから[Open With] → [ELF Content Editor]を選択します。

ELF コンテンツエディタには、選択されたファイルのタイプに応じて以下のタブが表示されます。

概要

イメージファイルまたはオブジェクトファイルでは、ヘッダ情報とセクションの詳細が表示されます。

シンボルテーブル

すべてのシンボルを表に整理して説明します。

逆アセンブリ

コードのテキストを構文の強調表示を使用して表示します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0480FJ
Non-ConfidentialID111611