Eclipse の設定

Eclipse ではレイアウト、キーのバインド、ファイルの関連付け、配色などを変更することによって独自の設定にカスタマイズできます。

プロジェクトとファイルも、選択されるリソースのプロパティを変更することによって、ビルドシステムを異なった方法で使用するように設定できます。

パースペクティブは[Window]メニューのオプションを使って開きカスタマイズできます。パースペクティブツールバーを使うこともできます。デフォルトでは、パースペクテブは同じウィンドウ内で開きますが、[Preferences]ダイアログボックスでこのデフォルト設定を変更できます。

ビューはドラッグアンドドロップによって移動したりドッキングしたりできます。ビューのタイトルバーをダブルクリックすると、そのビューの大化と元のサイズに戻すオプションの間で切り替えができます。同じオプションがツールバーアイコンにもあります。最小化されたビューはそパースペクティブの横にあるツールバーで元のサイズに戻すアイコンをクリックすると元の表示に戻ります。デフォルトでは、これはパースペクティブの右側に表示されますが、ドラッグアンドドロップで別の場所に移動できます。パースペクティブ内のすべてのビューを初期設定と初期レアウトにリセットするには、[Window]メニューの[Reset Perspective...]をクリックします。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0480FJ
Non-ConfidentialID111611