環境設定のダイアログボックス

ワークベンチの設定は[Preferences]ダイアログボックスでカスタマイズできます。このダイアログボックスを開くには、[Window]メニューの[Preferences...]を選択します。設定の変更は現在のワークスペースに保存されます。ワークベンチの設定を別のワークスペースにコピーするには、[Export]ウィードを使用します。

階層ツリーに表示される環境設定の内容には以下のグループが含まれています。

General

ワークスペース、パースペクティブ、エディタ、ビルド順序、リンクされたリソース、ファイルの関連付け、パス変数、バックグラウンドでの処、およびキーボードとマウスの設定を制御します。

C/C++

C/C++ の環境設定、CDT ビルド変数、構文のフォーマット、およびデフォルトプロジェクトウィザードの設定を制御します。

DS-5

デフォルトの DS-5 環境設定、DS-5 エディタとビューでの表示と書式、ターゲットコンフィギュレーションデータベースの検索場所、および DS-5 製の更新情報の自動確認を制御します。

ヘルプ

コンテキストヘルプの表示方法を制御します。

Install/Update

更新の履歴、スケジューラ、およびポリシーを制御します。

Remote Systems

リモートシステムのエクスプローラによって使用される設定を制御します。

Run/Debug

実行とデバッグの前に、パースペクティブ、ブレークポイント、ビルド、および起動のデフォルト設定を制御します。

ここに記載されていないオプションについては、ダイナミックヘルプを参照してください。

Figure 18. ウィンドウ設定のダイアログボックス

ウィンドウ設定のダイアログボックス

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0480FJ
Non-ConfidentialID111611