ビルドコンフィギュレーションに対するコンパイルツールの設定

[C/C++ Build]のコンフィギュレーションパネルでは、コンパイルツールをプロジェクト特有の設定にすることができます。これらのパネルでは、ンパイルツールが ARM 実行可能イメージまたはライブラリをどのようにビルドするかを指定します。

ビルドコンフィギュレーションパネルを表示するには

  1. [Project Explorer]ビューでソースファイルまたはプロジェクトを選択します。

  2. [Project]メニューから、[Properties]を選択します。

  3. [Properties]ダイアログボックスで、[C/C++ Build]を展開します。

  4. [Settings]を選択します。

  5. コンフィギュレーションパネルにはアクティブなコンフィギュレーションが表示されます。必要に応じて、コンフィギュレーションパネルの[Manage Configurations...]ボタンをクリックして新しいビルドコンフィギュレーションを作成するかアクティブな設定を変更します。

  6. 現在のプロジェクトで使用できるコンパイルツールと対応するビルドコンフィギュレーションパネルは[Tool Settings]タブに表示されますこのタブをクリックして必要なビルド設定を行います。

    Note

    Makefile プロジェクトはこのようなコンフィギュレーションパネルを使用しません。Makefile には必要なコンパイルツール設定がすべて含まれている要があります。

    Figure 26. C プロジェクト用の[Typical build settings]ダイアログボックス

    C プロジェクト用の[Typical build settings]ダイアログボックス

  7. [OK]をクリックして設定を保存します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0480GJ
Non-ConfidentialID111511