ARM Linux ターゲット用の新しい Makefile プロジェクトの作成

ARM Linux ターゲット用に C または C++ プロジェクトを作成するには

  1. メインメニューから[File] → [New] → [Project...]を選択します。

  2. [C/C++]グループを展開します。

  3. [C Project]または[C++ Project]のいずれかを選択します。

  4. [Next]をクリックします。

  5. プロジェクト名を入力します。

  6. 表示されるデフォルトのフォルダにプロジェクトを作成する場合は、[Use default location]オプションをオンのままにします。または、このオプションをオフにして、適切なプロジェクトフォルダを参照します。

  7. [Makefile project]グループを展開します。

  8. [Project type]パネルで[Empty project]を選択します。

  9. プロジェクトのビルドで使用するツールチェーンを選択します。

  10. [Finish]をクリックして新しいプロジェクトを作成します。[Project Explorer]ビューにプロジェクトが表示されます。

  11. プロジェクトのビルドには、すべてのコンパイルツール設定を含む Makefile が必要です。最も簡単な作成方法は hello サンプルプロジェクトの Makefile をコピーして新しいプロジェクトに貼り付けることです。hello プロジェクトは、DS-5 に用意されている Linux サンプルに含まれています。

  12. Makefile を次のように編集します。

    1. OBJS = hello.o」を含む行に移動します。

    2. hello.o」をソースファイルに対応するオブジェクトファイルの名前で置き換えます。

    3. TARGET = hello」を含む行に移動します。

    4. hello」をソースファイルに対応するターゲットイメージファイルの名前で置き換えます。

    5. ファイルを保存します。

  13. C/C++ ファイルをプロジェクトに追加します。

これで新しいプロジェクトをビルドできます

  1. [Project Explorer]ビューで、ビルドするプロジェクトを選択します。

  2. メインメニューで[Project] → [Build Project]を選択します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0480GJ
Non-ConfidentialID111511