スキャッタファイルの作成

スキャッタファイルを作成するには

  1. 既存のプロジェクトを使用するか新しいプロジェクトを作成します。

  2. 新しいプロジェクトを作成して、拡張子が .scat の空のテキストファイルを追加します。 例えば、scatter.scat などです。

  3. [Outline]ビューを使用して、[Add load region]ツールバーアイコンをクリックするか、右クリックしてコンテキストメニューから[Add load region]を選択します。

    ロード領域の名前(例えば、LR1)を入力します。

    Figure 33. [Add load region]ダイアログボックス

    [Add load region]ダイアログボックス

  4. [OK]をクリックします。

  5. 以下の例に示されているように、ロード領域を変更します。

    Example 1. サンプルスキャッタファイル

    LR1 0x0000 0x8000
    {
        LR1_er1 0x0000 0x8000
        {
            * (+RO)
        }
    
        LR1_er2 0x10000 0x6000
        {
            * (+RW,+ZI)
        }
    }
    

  6. 図で表示するには、[Regions/Sections]タブをクリックします。

    Figure 34. 単純なスキャッタファイルの図示

    単純なスキャッタファイルの図示

  7. 変更を保存します。

スキャッタファイルを使用できるようにするには、[プロパティ]ダイアログボックスの[C/C++ Build] → [Settings] → [ツール設定] → [ARM Linker] → [Image Layout]パネルの[--scatter=file]オプションをプロジェクトに追加する必要があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0480GJ
Non-ConfidentialID111511