ワークスペース

ワークスペースは、そのワークベンチプロジェクトに関連付けられているファイルやフォルダを保存しておく場所としてファイルシステム内に確される領域です。ユーザ独自のワークベンチ設定もここに保存されます。

Note

自分のワークベンチプロジェクトのみを入れる専用ワークスペースフォルダを選択するようにしてください。ワークベンチプロジェクトに関係のいリソースを含む既存のフォルダを選択すると、Eclipse ではアクセスできなくなります。これらのリソースは、後でプロジェクトを作成してビルドするときに競合問題の原因となる場合があります。

[Window] → [Preferences]ダイアログボックスに表示されるユーザ設定に対する変更はワークスペース内に保存されます。別のワークスペースを選択すると設定が異なってる可能性があります。

初めて Eclipse を起動すると[Workspace Lancher]ダイアログボックスが表示されるので、そのときワークスペースを選択できます。

次回からは、最後に保存されたワークスペースが、デフォルトの選択としてドロップダウンメニューに表示されます。別のワークスペースを選択るには、下向きの矢印をクリックするか、[参照...]ボタンをクリックします。

Figure 3. [Workspace launcher]ダイアログボックス

[Workspace launcher]ダイアログボックス

必要に応じて、[Workspace Launcher]ダイアログボックスが以後の起動時に開かないようにチェックボックスを選択できます。

Note

デフォルトのワークスペースは、[File]メニューの[Switch Workspace...]を選択することによっていつでも変更できます。

また、ワークスペースを指定して Eclipse を起動するには、-data コマンドライン引数を使用します。以下に例を示します。

eclipse -data h:\workspace

Show/hideEclipse の外でファイルを編集する場合

プロジェクトのサブフォルダとファイルは Eclipse が実行されていないときでも編集できます。その後で Eclipse を起動すると、デフォルト設定では当するビューが更新されるようになっています。自動更新を無効にするようにデフォルト設定を変更した場合は、変更されたサブフォルダやファイルを[Project Explorer]ビューでクリックして、[File]メニューの[Refresh]を選択します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0480GJ
Non-ConfidentialID111511