DSTREAM を使用したトレース

DSTREAM を使用してトレースをキャプチャするには、USB ケーブルを使用して DSTREAM ユニットを接続する必要があります。

Note

Ethernet 経由でのトレースのキャプチャは、DSTREAM ではサポートされていません。

DSTREAM をホストコンピュータに接続すると、デバッガで DSTREAM を使い始めることができます。DSTREAM を使用したトレースのキャプチャ方法の詳細については、デバッガ付属のマニュアルを参照してください。

DSTREAM は、リングバッファへトレースデータをキャプチャできます。バッファサイズは最大 4GB まで定義できます。バッファが充填されるのに十分な量のトレースデータがキャプチャされたら、FULL LED が点灯します。バッファは、ラップしてトレースデータのキャプチャを継続し、キャプチャれた元のトレースデータを上書きします。トリガ条件または手動による停止によってトレースキャプチャを停止できます。また、トリガイベントの後にキャプチャするトレース量を設定できます。

Note

バッファサイズがご使用のデバッガによってサポートされない場合があります。デバッガのトレース機能とトレースの設定方法の詳細についてはデバッガ付属のマニュアルを参照してください。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0481DJ
Non-ConfidentialID081611